豊橋・東三河での結婚式のご相談ならaedam(アエダム)

結婚式の相談|豊橋・東三河での結婚式のご相談ならaedam(アエダム)

Chef's Interview

長年愛される正統派フレンチ
美味の秘訣は
食材と確かな技術

蒲郡クラシックホテル

料理長

波多野 忠明さん

蒲郡クラシックホテルの前身、プリンスホテル時代より30年近くもの間、老舗ホテルの厨房を預かり続けてきた波多野料理長。彼が生み出すフレンチは、奇をてらったものというよりも、伝統をしっかりと継承した正統派。幅広い世代が集う婚礼の場において、誰からも愛させる親しみやすい味わいは、おもてなしのお手本ともいうべきものです。 料理には三河湾で水揚げされた新鮮な海の幸など、この地ならではの恵みを贅沢に使用。地元に根ざした歴史あるホテルというだけあり、業者からより良い食材を揃えやすいのもここでの強みです。 そして食材本来のおいしさを最大限引き出すために、新しい調理法を積極的に取り入れていくのも波多野流。例えばそれは、蒲郡名物・アカザエビのプリっとした食感を生かすために、軽く身を炙っておくというひと手間。また、必要ならば和食の技法も用いるという、料理のジャンルを超えた発想。この道一筋のベテランでありながら、「今も日々勉強」だと目を輝かせる志が、老舗の味を支える屋台骨に。蒲郡クラシックホテルの前身、プリンスホテル時代より30年近くもの間、老舗ホテルの厨房を預かり続けてきた波多野料理長。彼が生み出すフレンチは、奇をてらったものというよりも、伝統をしっかりと継承した正統派。幅広い世代が集う婚礼の場において、誰からも愛させる親しみやすい味わいは、おもてなしのお手本ともいうべきものです。 料理には三河湾で水揚げされた新鮮な海の幸など、この地ならではの恵みを贅沢に使用。地元に根ざした歴史あるホテルというだけあり、業者からより良い食材を揃えやすいのもここでの強みです。 そして食材本来のおいしさを最大限引き出すために、新しい調理法を積極的に取り入れていくのも波多野流。例えばそれは、蒲郡名物・アカザエビのプリっとした食感を生かすために、軽く身を炙っておくというひと手間。また、必要ならば和食の技法も用いるという、料理のジャンルを超えた発想。この道一筋のベテランでありながら、「今も日々勉強」だと目を輝かせる志が、老舗の味を支える屋台骨に。

他のシェフさんのインタビュー